CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ルポ 貧困大国アメリカ (岩波新書)
ルポ 貧困大国アメリカ (岩波新書) (JUGEMレビュー »)
堤 未果
アメリカは夢の国じゃなかった。隣の芝生は青く見えていました(-_-;)。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
いけ!モバ大生―自由設計できる大学修了プログラム
いけ!モバ大生―自由設計できる大学修了プログラム (JUGEMレビュー »)
知識環境研究会
学位授与機構解説本のパイオニア
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

高卒資格が無くても、誰もが簡単に大学へ行く方法。書き下ろし作です。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

我が国初の著作権裁判??
自信の書き下ろし作です。
MOBILE
qrcode
ニートスズキさんのブログに私の画像(^^;)
1

昼サイポータル

  ↑
いつの間にかトップ画像としてアップされてました。

著作権にうるさい私ですが、この無断使用については、訴えたりしませんので念のため(^◇^)。

私的使用だし、撮影者(著作権者)の私が追認(OK)してます。むしろ光栄でございます。
| 著作権問題 | 02:30 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
後世に残る判決
0
    今日、友人で行政書士の今村さんから電話があって、「あんたは偉い」と褒められました(^^;)。

    ホームページ上の商品写真の著作物性が争われたあの事件。
    700万円を請求して地裁は100%負けを言い渡したあの事件。
    控訴したら知財高裁に係属し、わずか1万円の損害が認められたあの事件。

    そう。スメルゲット写真事件の話です。

    なんでも、似たような写真盗用事件で依頼を受けたら、関連する判例はこの事件しか無いんだそうです(^^;)。
    あらためて事件を見返すと、私の偉大さを感じたそうで(^◇^)、電話をくれたようです。

    知人であっても、偉いと言われれば嬉しいもの(^^;)。

    まぁ、偉大と言っても、平日の昼間に霞が関まで行ける、半ニート状態の生活形態だからできたようなもので、一般の社会人ならここまではしないでしょうねぇ(^^;)。

    暇人のしつこさは偉大である【松本肇】

    嬉しさついでに、知財高裁に提出した控訴理由書を発表します。
    私の事件では知財高裁へ新証拠などは一切出さず、この控訴理由書だけで勝ったと言っても過言ではありません。

    続きをクリック
      ↓↓↓
    続きを読む >>
    | 著作権問題 | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    彦根市に弁護士はいないのか? ─ひこにゃん事件
    0
      国宝・彦根城築城400年祭で有名になったキャラクター「ひこにゃん」が、彦根市側に無断で改変された問題で、デザイナーのもへろん氏が民事調停で著作者人格権に基づく話し合いを求めたという事件がありました。

      彦根市長の会見を見ましたが、天然なのかわざとなのかは知りませんが、著作権と商標権を間違えて主張していますね。適切なアドバイスをしてくれる弁護士はいないのでしょうか?

      著作権というものについて、よくわからない人がよくわからないまま、もっともらしくコメントを述べるので、しばしば論点がずれます。

      例えばこの記事
         ↓
      “ひこにゃん”彦根市vs作者闘争で大ピンチだにゃん!(前編)
      “ひこにゃん”彦根市vs作者闘争で大ピンチだにゃん!(後編)

      結局のところ、彦根市の言う「一切の権利」と、桜井デザインの考えていた「使用許諾権」の範囲の認識に大きな違いがあったようだ。
      …と述べていますが、そもそも使用許諾権という問題ではなく、著作者人格権についての記述が全くありません。

      だいたい、あるデザイナーが作ったキャラクターを、無断で改変することが、著作者人格権を犯す可能性そのものが問題なのです。
      「一切の権利を譲渡したのだから、いかように使用しても問題がない」なんて愚かなことを言う人は、著作者人格権という言葉すら知らないということになります。

      まぁ、かく言う私も、「著作者人格権」という言葉を知ったのは、横浜地裁で負けて控訴し、知財高裁の裁判官に「著作者人格権というのがあってねぇ…」と、ていねいに教えていただいて初めて知った概念ですから、軽々しく他人を笑える立場じゃありません(--;)。

      したがって、「一旦著作権は彦根市側に移ったのですから、今更権利を主張するのはみっともないと思う」と言い切ってしまう人がいるのは仕方のないことですね。
      …(--;)。

      「どこまでOK?」迷ったときのネット著作権ハンドブック
      「どこまでOK?」迷ったときのネット著作権ハンドブック
      中村 俊介, 植村 元雄
      | 著作権問題 | 00:59 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
      知財六法に掲載されました\(^o^)/
      0
        昨夜、友人の行政書士、今村正典さんから電話がありました。
        私のことが知財六法に掲載されていたとのことです。

        知的財産権六法 平成19年版 (2007)
        知的財産権六法 平成19年版 (2007)

        もちろん、個人名も会社名も記載されてませんが、間違いなく、スメルゲット事件のことです。
             ↓


        ここまでスゴイ事件だったんでしょうかね(^^;)?
        ま、スゴイ事件だったんでしょうねぇ…(^◇^)。

        法学教室にも掲載されたみたいだし、重要判例として紹介されているみたいだし…。

        だけど、私のところにはインタビューも来ないし、著書の売れ行きも悪い。
        著作権って、けっこう重要なんだけど、あんまり重要視されていないネタなのかもしれませんね。

        ホームページ泥棒をやっつける ?弁護士不要・著作権・知的財産高等裁判所・強制執行
        ホームページ泥棒をやっつける ?弁護士不要・著作権・知的財産高等裁判所・強制執行
        | 著作権問題 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
        仕事に追われ…
        0
          今日中に出さなければいけない原稿に追われ、ヒーコラやっています。

          資料はそこそこ揃っているものの、執筆に時間を取られて大変…。

          宅配便の集荷時間に間に合うかなぁ〜。

          ちなみに、久々の著作権ネタだったりします(^^;)。



          明日は誕生日だった…。ボソッ
          | 著作権問題 | 11:59 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
          引用・転載のルールは守ってほしいんだよね ─あの事件の解説記事
          0
            私が2冊目の著書を発表するに至った、我が愛しのスメルゲット事件が、有斐閣の法律雑誌に掲載されているというので購入してみました。


            法学教室4月号

            ここには写真の著作物性についての判例解説が書かれていました。


            そして見慣れた、私が撮影した、スメルゲットという商品の画像が掲載されていました。


            この画像は、私が参考用に保存しているラフィーネ社のホームページか、どこかのアーカイブで取得したものだと思いますが、どこからコピーしたのか、引用元や転載元が示されていません。

            著作権法によれば、第30条から50条で、社会通念上、一定の要件を満たせば、適当な引用・転載・複製ができるとしていて、判例解説のためにこの写真を使ったことは、違法ではないと思います

            しかし、この写真について、さんざんモメて裁判を戦ってきた私にしてみれば、引用元・転載元を明示しないというのは、ちょっと不愉快です。
            ましてや、この記事を書いた方は、著作権を専門とする大学教員ですので、その辺りのことを理解してほしかったなぁと思います。

            せめてこんな感じで書くべきじゃなかったですかね?
                 ↓

            http://smellget.trialmall.com/ranali-log/ から転載

            他人の著作物を無断で使うと問題になるのは、つまるところ、「俺が苦労して作ったものを他人が勝手に使うなよ!使うならせめて敬意を示せよ」という感情を害したからだと思います。
            私は大学・大学院生時代、指導教授に「他人の著作を引用・転載する時は、必ず引用元・転載元を明示しないとダメ、無断引用・転載は泥棒」とこっぴどく言われてきました。その指導が正しいとすれば、権利者の許諾が無いものについては、どこから持ってきたのかをしっかり明記すべきだと思うのですがいかがでしょう?

            たかが画像1枚の話で、屁理屈に聞こえるかもしれないけど、何か納得いかないので、記事にさせていただきました。
            有斐閣さん、これでいいんですかね?
            | 著作権問題 | 12:21 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
            楽天の田中投手映像無断配信法的措置へ
            10

            グーグルのキャッシュより


            映像無断配信“田中HP”法的措置へ(スポニチ2007年11月4日)
             これも人気者の宿命か。楽天のルーキー田中をめぐって思わぬトラブルが発生した。インターネット上に「楽天田中将大くんファンクラブ」と称するサイトが出現。球団では近日中にも同サイトの管理人に抗議、法的措置を取る方針を示した。
             今月に入り運営を開始したとみられる同サイトは、会員登録を行った上でグッズの販売、さらに田中の映像などを無断配信する内容だった。西村球団広報部長は「球団には何の届けもないし、法的にひっかからないようにうまくつくっているのが、かえって悪質」と説明。球団公式サイトからの写真も無断転用しており、事態を重く見た球団はこの日、球団HP上でファンに注意を喚起した。
             それを受けてか、午後9時頃から「準備中」となった同サイトは午後11時前には閉鎖。だが西村広報部長は「相手先も分かっている。近く弁護士を通じて内容証明を出すことになる」と法的手続きを進める方針だ。田中は西武戦終了後「えっ?そうなんですか。聞いてないです。そういうのはやめてほしいですね」と困惑顔。初勝利を目指して12日、プロ3度目の先発に臨む18歳右腕は、不快感をあらわにした。
            [ 2007年04月11日付 紙面記事 ]
            まぁ、ここまでやられちゃ、楽天球団としては放置しておけないでしょうね。人気の選手だけに…。法的措置というのはどういうことなんでしょうか(^^;)。


            それにしてもこのバナー。画像やら映像やら、無断使用しておいて、「公認待ち」なんて、よく言います(--;)。著作権法を知らなくても、何らかの問題になることはわかっていたでしょうに…。


            ちなみにこのバナーをクリックすると、有名なインターネット動画配信サイトのYouTubeに行きます。

            問題のYouTube動画ページ


            どう考えても、どこかのテレビ番組をそのまま使っていますね。

            ひょっとして中高生が作ったのかと思って「tanaka18.net」というドメインを調べてみたら、札幌市在住のタカハシという人物でした。
            このタカハシという人物は、「takahashi.tv」というドメインを取得し、タカハシという名字を持つ人へメールアドレスをレンタルするという商売もやっていたようです。
            TAKAHASHI.TVの解説ページ(web.archive.orgのキャッシュより)
            ここのページによると、禁止事項の中に
            ・私や第三者の特許権、著作権等の権利を侵害すること。
            なんて文言があるので、やっぱりそれなりの大人であることがわかります。

            ちょっと遵法精神に反するビジネスをやってますね。この方。
            | 著作権問題 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
            母校に戻ります ─転職ってわけじゃないけれど
            0
              このブログをご覧の皆さんへ。
              本日はエイプリルフールです
              縁があって、私はこの春から、母校であるネ申奈川大学の非常勤講師(常勤扱い)となることになりました。いちおう、「助教」という立場になるそうです。
              ※「助教授」じゃなくて「助教」。新しい講師の呼び方です。
              本日はエイプリルフールです
              科目は著作権侵害訟法で、主に電子記憶媒体の民事訴訟法の証拠調べ方法です。
              ネ申奈川大学法学部では知的財産法、同法科大学院では民事訴訟法特講を担当することになりました。
              本日はエイプリルフールです
              私は神奈川大学法学部は補欠合格で、大学院については一浪・留年という、アホ学生だったのですが、昨年出版した「ホームページ泥棒をやっつける」などを評価していただき、母校に戻ることになりました。
              本日はエイプリルフールです
              正直なところ、ほんの一部分とはいえ、法科大学院の授業を受け持つなんて、信じられないのですが、まぁ、知的財産高等裁判所の重要判例に掲載されたってのは、他の教授陣にも評価されたようです(^^;)。
              本日はエイプリルフールです
              現在、運営している会社は部下に任せ、当分は横浜キャンパスへ通うことになりそうです。小さいながらも研究室をいただくことができたので、近くへ来られる時は遊びにきてください。m(_ _)m
              本日はエイプリルフールです
              このブログ、少々過激なことも書いてる部分があるので、文句が出ないうちに削除しちゃおうかと思っています(^^;)。見るなら今のうちです。
              本日はエイプリルフールです
              私を応援していただいた皆さんには、本当に感謝・感激です。
              本日はエイプリルフールです
              私の研究・論文・ネ申奈川大学でのシラバスなどは、こちらをごらんくださいませ。

              本日はエイプリルフールです
              | 著作権問題 | 00:00 | comments(4) | trackbacks(4) | pookmark |
              3月29日は逆転勝訴の日 ─あれから1年
              0
                昨年、3月29日、知的財産高等裁判所は、私に勝訴判決をくれました。

                ホームページの商品画像は著作物だから、無断で使用したら著作権侵害

                その時のブログの記事

                実に当たり前で普通の判決です。しかし、それまでの最新の判決って、正面から撮影しただけの平凡なものは、著作物じゃないから無断で使用しても著作権侵害には当たらないって判例だったんですよ。

                判決は、新聞のネタになるわ、学会誌でも取り上げられるわの大騒ぎ。出版社を口説いて本を出したら2ちゃんねるにスレが立つし、そこまで大騒ぎになるネタか?…と疑問に思うほどの画期的なものだったようです(^^;)。

                まぁ、法学部卒の男としては、重要判例に名を残すことができて、ちょっとだけ光栄なんですけどね(^◇^)。これで著作権関係の論文でも書けば、どこかから客員講師くらいのオファーが来るのかなぁ(^^;)?
                | 著作権問題 | 12:57 | comments(0) | trackbacks(6) | pookmark |
                ホームページ画像の無断盗用 ─行列のできる法律相談所
                0
                  あ〜あ、やっちまいましたね。
                  ホームページ画像にも著作権があるってこと、知らなかったのかな(^^;)?

                  やい、そこの法律相談所、私の著書を読み給え!!

                  日テレ:「行列のできる法律相談所」でHP無断使用
                  日本テレビが無断使用した「すぐき菜」の写真=池西芳郎さん提供 日本テレビ系の番組「行列のできる法律相談所」が、京都市内の漬物店の商品を紹介した際、別の漬物店「池西」(京都市北区)のホームページ(HP)に掲載された漬け物の材料「すぐき菜」の写真を無断で放映していたことが分かった。番組には著名な弁護士4人が出演し、身近な問題を題材に法解釈を披露しているだけに、同店店主の池西芳郎さん(46)は「法律を扱いながら、著作権に対する意識すらないのか」とあきれている。
                   問題の番組は「紳助と行くとっておき裏京都の旅スペシャル」と題した回で、今月18日に関東や関西などで放映された。タレントの島田紳助さんや弁護士らが京都の料理店や漬物店などを巡るコーナーで、ある漬物店の商品を紹介した際、作り方のナレーションと同時に池西のHPに掲載されたすぐき菜の写真を放映した。写真はトレーサビリティー(生産履歴管理)などのため池西さんが撮影したものだが、使用について日本テレビからの事前連絡はなかったという。
                   すぐき菜は、伝統京野菜の一つ。池西さんは親せきの栽培農家から直接仕入れており、HPでもそうPRしていた。そのため、番組を見た顧客の料理店から「紹介された店も同じ材料を使っているのか」などと問い合わせが相次いだという。
                   池西さんは「すぐき菜をどの農家が作っているかということも、漬け物の味を決める重要な要素だ。番組によって、紹介された店の漬け物と混同され、池西の商品の価値に影響する恐れがある」と憤慨。同日中に番組関係者に電話で抗議した。
                   日本テレビ総合広報部は「現在、当事者間で交渉を行っているので、詳細については回答を控えさせていただきます」としている。【田村晃一】


                  | 著作権問題 | 16:49 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
                  | 1/2PAGES | >>