CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ルポ 貧困大国アメリカ (岩波新書)
ルポ 貧困大国アメリカ (岩波新書) (JUGEMレビュー »)
堤 未果
アメリカは夢の国じゃなかった。隣の芝生は青く見えていました(-_-;)。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
いけ!モバ大生―自由設計できる大学修了プログラム
いけ!モバ大生―自由設計できる大学修了プログラム (JUGEMレビュー »)
知識環境研究会
学位授与機構解説本のパイオニア
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

高卒資格が無くても、誰もが簡単に大学へ行く方法。書き下ろし作です。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

我が国初の著作権裁判??
自信の書き下ろし作です。
MOBILE
qrcode
<< 韓国料理つながり | main | YouTubeに公開されてました…(^^;) >>
やっぱり足ツボや整体・カイロは無資格医療行為なんじゃないの…?
0
    業界のことをよくわからないのに言うのもナンですが、按摩・マッサージ・指圧の国家資格制度がありながら、それらを持たない人が足ツボやその他のマッサージを施術する業種・業態があります。
    こういう記事を読むと、そもそも健常者かどうか如何に関わらず、そもそも国家資格を持たずして、医療に近い行為を行うというのは問題なんじゃないの…と思ってしまいます。
    同様に、柔道整復師という国家資格があるのに、整体やカイロプラクティックのような類似の医療サービスがあるというのも問題です。

    判例がある以上、厚労省が「摘発はできない」というのはわからないでもないのですが、国家資格の有資格者の仕事を無資格者が奪うというのは、何か解せないんですよね。

    視覚障害者:「無資格」が奪う職場 マッサージで横行、盲人会連合が支援訴え
     無資格マッサージの増加で視覚障害者の働く場が奪われているとして、日本盲人会連合(笹川吉彦会長、約5万人)など4団体が、厚生労働省に対して行政指導や取り締まりの強化を求めて陳情するなど、職場を守る運動を強めている。視覚障害者の就業率の低下が激しいとして、厚労省も雇用支援に乗り出した。
     全盲の大楽(だいらく)スミヨさん(59)は96年から福島県の温泉街の観光ホテルに呼ばれて出張マッサージをしていた。1時間4000円の料金のうち、400円は「呼んでくれたお礼」としてホテルに置いてきた。
     ところが、01〜02年ごろから、複数のホテルに無資格業者が参入してきた。「相手は若い健康な女性で、私はズボンともも引き姿」。呼ばれる回数は減り月収わずか1万数千円になった。「呼んでもらえなくなると思い、ホテルに文句が言えなかった」。05年秋には全く声がかからなくなったため、ハローワークに通い、今は東京都内の会社で従業員向けのマッサージの職を得た。
     東京都杉並区でマッサージとはりの診療所を開いて36年になる全盲の菅井孝雄さん(59)。開業した翌72年は1287人の肩や腰をもみほぐした。患者数は順調に伸び、年に3万〜7万円ながら所得税も納めた。「当時は30代、40代の若い患者さんが多かった」
     しかし、97年に患者数が開業以来初めて1000人を割ると、07年には618人にまで減った。腕が落ちた覚えはない。「駅前の入りやすい無資格店などに患者さんが流れたのかもしれない」と思う。視力障害のある妻(57)は5〜6年前から養護施設にマッサージのアルバイトに通うようになった。2人で月額約16万円の障害基礎年金が頼りだ。【石丸整】
     ◇「足裏」など増加で就業者は減少傾向
     厚労省によると、視覚障害者の推計就業者数は年々減少し、91年の9万6000人が06年には6万6000人と過去最低になった。約6割はマッサージなどで生計を立てており、減少の原因が、ここ数年街角で見かける「クイック」「足裏」などの資格のない店の増加とされる。
     厚労省医事課によると、マッサージを施すには「マッサージ師」の国家資格が必要だが、「クイック」や「足裏」などの看板を掲げている場合は、無資格で営業しても「判例上、健康を害するものでない限り、摘発はできない」という。
     もちろん、資格を持つ店や、障害がなくてもマッサージ資格を取得する人も多い。現在、有資格者の4人に3人が健常者だ。
     視覚障害者の仕事が圧迫される事態に、厚労省は昨年4月、視覚障害者雇用を支援するよう求める通達を全国のハローワークに向けて初めて出した。日本盲人会連合の笹川会長は「視覚障害者の働く場は少なく、マッサージなどで生計を立てられないと行き場がなくなる」と話している。
    毎日新聞 2008年4月16日 東京夕刊
    | 理事長ニュース解説 | 00:28 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    2004年に業界大手の経営者が逮捕されましたね。
    | SY | 2008/04/20 10:56 AM |
    記事が残っていました。こちらです。
    http://www.e-shugi.jp/contents/23/0
    | SY | 2008/04/20 11:54 AM |
    この二つの判例の解釈(解釈の解釈)が問題なんです。
    あと判決(決定)の出た時期的な問題→いまほど憲法論議に対し確固たるものがなかったころの事件における判決

    http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/39D700561FC16A7349256A850030ACE2.pdf

    http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/B94377BDA450406649256A850030AE20.pdf

    ここが、いまやっている修士論文のネタの根源部分なんですけどね〜
    | ちょう | 2008/04/20 5:52 PM |
    言うまでもなく無資格は違法行為ですが、厚労省も、
    「健康に実害がなければ取り締まれない」と抜かす時点で
    アウトなのです。純然たる医療行為との違いはここです。
    | もぐ | 2008/04/24 10:51 AM |
    SYさん、ちょうさん、もぐさん

    コメントありがとうございます。
    心理系のカウンセラーの国家資格が無い状況で、心理学を勉強したことの無い即席カウンセラーが増えるというなら納得できるのですが、国家資格のある医療系サービスを、無資格者または民間資格者が行うというのが解せませんよね(^^;)?

    今後、ちょうさんがこの議論のパイオニアとなりそうですな。
    | まつもと | 2008/04/24 1:55 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.houso.com/trackback/755756
    トラックバック